ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ヘリポート[ヘリコプター]

ヘリポート[ヘリコプター]用語集

ヘリポート[ヘリコプター]用語集 ヘリポート[ヘリコプター]用語集

文字サイズ

  • 着陸面
    ちゃくりくめん

    着陸面とは、ヘリコプターが着陸する際に接する表面のこと。ICAO(国際民間航空機関)基準、航空法、建築基準法、消防法、国土交通省通達、消防庁通達、厚生労働省通達、欧米の屋上ヘリポート施工例などをもとに「NPO法人航空医療研究所」がまとめたドクターヘリサテライト病院用のヘリポートの設置基準によると、着陸面の形状は最大勾配2.0%(水たまりが生じない措置、スリップ止めの措置が必要)、風対策の機体用アンカー(2本)が必要とされている。また、着陸面について事務棟や診療棟は「屋上ジカ降り」もしくは「嵩上げ(桟橋状)面への着陸」。複数階や駐車場棟は「屋根部へジカ降り」、「嵩上げ(桟橋状)」、1階のみ駐車場では、「屋根部へのジカ降り」が基準となる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のヘリポート[ヘリコプター]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る