ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ヘリポート[ヘリコプター]

ヘリポート[ヘリコプター]用語集

ヘリポート[ヘリコプター]用語集 ヘリポート[ヘリコプター]用語集

文字サイズ

  • 緊急離着陸場
    きんきゅうりちゃくりくじょう

    緊急離発着陸場とは、航空法第81条の2(捜査、救助のための特例)の適用により、災害活動に際し、消火活動や人命救助を行なう目的で建築物の屋上に設けられたスペースのこと。緊急用ヘリコプターが離着陸できる建築物の屋上施設で、緊急発着場及び緊急救助用スペースを指して「緊急離発着陸場」等と称す。通常は、災害時及び訓練などの使用以外に使われることはない。着陸帯等の大きさは、緊急離発着陸場については一辺20mの正方形、緊急救助用ススペースについては一辺10mの正方形が原則。また、進入方向、出発方向に向けて「H」マークや「R」マークの表示が推奨されており、黄色を基本とし、床面を考慮して鮮明な色を選択するよう指導されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のヘリポート[ヘリコプター]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る