ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ヘリポート[ヘリコプター]

ヘリポート[ヘリコプター]用語集

ヘリポート[ヘリコプター]用語集 ヘリポート[ヘリコプター]用語集

文字サイズ

  • 緊急救助用スペース
    きんきゅうきゅうじょようすぺーす

    緊急救助用スペースとは、航空法第81条の2(捜査、救助のための特例)の適用により、災害活動に際し、建築物の屋上で緊急用ヘリコプターがホバリングする場所を指す。これは、超高層建築物における火災などの災害、緊急事態が発生した場合の消防活動、人命救助などの活動をしやすくすることが目的。超高層建築物などの防災性能向上を目指す点から、設置指導がなされる。また、緊急時における医療搬送などを踏まえた上で、3次救急利用施設などに対しても設置指導が行なわれている。緊急救助用スペースは、床面の強度などの問題から、実際の着陸を行なうことができない。そのため、通常の着陸可能なヘリポートと区別するために、サークルにローマ字の「R」という文字が黄色で書かれている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のヘリポート[ヘリコプター]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る