ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ヘリポート[ヘリコプター]

ヘリポート[ヘリコプター]用語集

ヘリポート[ヘリコプター]用語集 ヘリポート[ヘリコプター]用語集

文字サイズ

  • 急角度進入
    きゅうかくどしんにゅう

    急角度進入とは、着陸進入経路に樹木や建物などの高い障害物がある場合に用いられる、着陸に際しての進入方法のこと。また、建物の屋上をヘリコプターの発着に利用している際など、あらかじめ乱気流が想定されるときにも急角度進入が使われる。通常の進入よりもコレクティブ・ピッチ・レバーを大きめに下げることで機体に大きい降下率を与え、早めにコレクティブ・ピッチ・レバーを上げ、最終進入段階でホバリングを行なったのちに着地すると言う流れになる。障害物を回避するための急角度進入の場合は、危険を回避する意味でも低速急角度進入が良いとされる。また、周辺環境への配慮の面から鑑みても、急角度侵入は騒音軽減のために意味があるとする説もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のヘリポート[ヘリコプター]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る