ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
ヘリポート[ヘリコプター]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ヘリポート情報

パシフィックリム・アビエーション



航空学校はアメリカに多く存在しており、日本から留学してパイロットの免許を取る人も増えてきています。コンピュータによる制御が主となりつつある航空機の運転ですが、操縦士としての技術を持ち合わせることは大切です。ここでは、語学を含めた、国際的なパイロットを養成するカリフォルニアの航空学校を紹介します。

現地や生活環境

現地や生活環境

カリフォルニア州バカヴィル、デイビス、アリゾナ州ノガレスの3ヵ所に設けられた訓練所は、他の飛行機の出入りが少なく、気候も安定しており訓練に最適な環境です。カリフォルニアの天候は「パシフィックリム・アビエーション」の公式サイトでいつでも確認が可能で、現地ではスタッフが常駐して訓練に付き添いがあるので集中して訓練に励むことができます。訓練風景の動画も入校前から公式サイトで視聴することもできます。訓練所からは送迎バスが出ており、市街や海沿いを観光することもできます。

入校と教育内容

操縦士の免許を取るにあたって多くのプログラムが用意されている「パシフィックリム・アビエーション」ですが、入校前から卒業までのプロセスで様々な特徴があります。公式サイトからメールを送ることで実際の資料を請求することもできます。

代理店を介さない入校手続き

日本の代理店による仲介を挟むことなく直接入校手続きが行なえるので、安い値段で講習を受けることが可能です。ビザの発行から空港利用料、現地でのホームステイ費用も含め、公式サイトの料金表で確認することができます。

英語学習プログラム

世界各地から留学生が集まるため、英語による交流も現地で行なわれます。週20~30時間をかけて、英検2級及びTOEIC550点を基準としたプログラムが組まれています。UCDエクステンション、AMERICAN COLLEGIATE ENGLISHの二種類の語学留学プログラムが用意されており、中には4週間や11週間といった短期間で集中的に英語を学習するものもあります。プログラムによってはグロスモント大学への編入も可能で、様々な専門分野を学習することも可能です。また、20台を超えるコンピュータや自習室が用意されているマルチメディアリソースセンターという施設を留学生は自由に使うことができます。

様々なコース

自家用、自衛隊用、事業用といった目的別でプログラムが組まれており、講習に使用する飛行機もそれぞれ違います。語学の学習も含めたスケジュールが用意され、実技講習時間や学習時間は公式サイトで確認できます。コースの中には指定された資格を所持することが受講の条件になっているものもあります。

マナーや各種申請のバックアップ

希望者はアメリカでのマナー学習や、選考の際の面接対策、免許の書き換えや日本国内にある提携訓練校の紹介などを受けることができます。日本語と英語、どちらにも対応できるスタッフが出国から帰国までを含めてサポートし、海外旅行傷害保険加入などに関する相談窓口や、日本への直通電話も用意されているので、滞在先でのトラブルにも対応可能です。