ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

ハートランドエアー



ここでは、愛知県にあるパイロットスクールハートランドエアーについて紹介します。

スクールの概要

スクールの概要

1989年に不動産事業を展開するハートランドインフォメーション株式会社が設立され、1995年にヘリコプターの自社運航を、そして1996年には同社の航空事業部門としてハートランドエアーが設立されました。

当時は、日本のパイロットスクール業界が、海外のパイロットスクールよりも高い費用を設定する傾向にありました。そこで、ハートランドエアーは、パイロットになるという多くの人の夢を叶えるためのサービスを、安全かつ適正な費用で提供することを目的としました。

スクールの特徴

ハートランドエアーは設立目的である適正な訓練費用を基本として、日本人が国内、海外訓練を行なう上で必要となる、整った環境下での実践に基づく訓練や、海外現地サポートと免許後のサポートが特徴として挙げられます。

フライト環境の整ったヘリポートでの実践に基づく国内訓練

ハートランドエアーのヘリポートは、名古屋空港中部国際空港の進入管制区内にある「トヨタインターヘリポート」にあります。同ヘリポートは飛行訓練空域が空港のレーダー内にありATC(Air Traffic Control)や夜間照明も完備されています。また、訓練では山岳地の運航や航空撮影など、実践を踏まえた訓練内容となっており、安全な環境で良質の訓練を行なうことができます。

日本人スタッフによる海外訓練サポート

ハートランドエアーの海外訓練は、主にアメリカのカリフォルニア州のロングビーチ空港とコロナ空港で行なわれます。6つのヘリコプター練習パッドが設置されているロングビーチ空港には管制塔があるので、ATCの訓練も行なえます。ATCは英語が必要となるため、英語に不安がある人は管制塔のないコロナ空港で訓練を受けることができます。宿泊施設と空港までの送迎など、現地の生活は日本人スタッフがサポートを行ないます。

免許取得後のサポート

ハートランドエアーでは、フライトクラブを運営しており、R22やR44といったヘリコプターを安価な価格でレンタルしています。スクール卒業生は入会金や年会費が無料です。また、名古屋空港を拠点とするフライトクラブ「スカイシャフト」や、その他関西、関東でも他のフライトクラブと提携し、免許取得後にフライトを実践する環境を整えています。さらに、毎月安全講習会や懇親会を開催しており、訓練生や卒業生との情報交換の場を提供しています。

取得できる資格

ヘリコプターの自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の他、ヘリコプター国内操縦教育証明、特定操縦技能審査員資格を取得することができます。

スクールへのアクセス

スクールは、愛知県西春日井郡豊山町にあります。名鉄「西春駅」より名鉄バス「名古屋空港」バス停にて下車し、徒歩11分でアクセスできます。