ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
ヘリポート[ヘリコプター]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ヘリポート情報

航空学校アルプスナイスエア



ここでは、アメリカのカリフォルニア州に本拠を構える、航空学校アルプスナイスエアについて紹介します。

スクールの概要

スクールの概要

1982年に開校された、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ市、リードヒルビュー空港に本拠を持つパイロットスクールです。同校は語学学校ALPS(American Language Programs)を併設しており、地元だけでなく、日本や他国からの訓練生を積極的に受け入れています。顧客を積極的にサポートすることで実績を挙げ、全米で有数の規模と設備を誇っています。国内では東京にオフィスを構え、JCAB(国土交通省航空局)事業用資格を持つスタッフが出発前の留学手続きから帰国後の免許の書き換えなど、様々なサポートを行なっています。

スクールの特徴

パイロットスクールの特徴としては、日本人が免許を取得するために必要なスタッフや設備、あるいは料金面からバックアップする体制が整っていることが挙げられます。

日本人の海外免許取得をサポートする体制

日本人経営者によって運営されている会社であり、日本人訓練生のサポートに注力しています。そのため、日本人が海外で免許を取得する際にネックとなる時間については、留学前に独自の自習用学習教材を提供することでカバーしています。また、英語についても併設の語学学校ALPSで支援しています。

充実した訓練環境と設備

カリフォルニア州サンノゼ市という、安定した天候や生活環境が整った訓練に最適なエリアに本拠地を構えています。また、25機以上の航空機とシミュレーター、ウェザーシステムを自社で所有しており、夏休みや連休といった仕事などの休暇を取りやすい混雑期であっても1日に最低2時間から3時間のフライトが可能となるような体制を整え、効率的な訓練をサポートしています。

分かりやすい料金体系

パック料金ではなく項目別の料金体系をとっており、留学手続き費用や保険などの国内費用と、飛行訓練の現地費用に分けられます。また、訓練費用については、毎日の訓練後に現地で支払うシステムとなっています。一括前払いのパック料金体系が多い業界の中で、必要な費用が明確に提示され、支払いも実際の訓練後なので安心して訓練を受けることができます。

取得可能な免許

ヘリコプターパイロットと飛行機パイロットについて、国内の自家用と事業用免許、海外の自家用免許を取得することができます。

東京オフィスへのアクセス

東京オフィスは、東京都港区海岸にあります。JR浜松駅「北口」または東京メトロ大門駅「B1出口」より徒歩2分です。