ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

ヘリコプターライセンスを生かせる職業



日本国内において仕事としてヘリコプターの操縦を行なう場合には、「事業用操縦士免許」が必須となっています。ライセンス取得のためには、相当の時間と費用がかかります。しかしながら、そのライセンスを取得しただけでは、すぐに仕事が見付かる訳ではありません。ここでは、そのライセンスを生かせる職業の種類を紹介していきます。

主な就職先

主な就職先

ヘリコプターライセンス保持者の就職先としては、官公庁や民間企業が考えられ、その中でも様々な職種あります。

官公庁

海上保安庁、国土交通省、各都道府県の警察、消防庁といった官公庁では独自にヘリコプターを保有しており、通常の公務はもちろんのこと防災ヘリコプター、ドクターヘリ等の緊急運航なども行なっています。

民間企業

多くの民間企業では、ある一定のスペースさえあれば飛行場やヘリポート以外の場所にも着陸できるというヘリコプターの利便性を活用した様々なサービスを提供しています。また、近年では防災ヘリコプターやドクターヘリといった緊急運航も民間企業に委託されるケースが多くあります。

提供サービス例

遊覧飛行
夜景などを上空から見て楽しむサービスです。プロポーズやデートといった特別な機会に演出のひとつとして利用されるケースもあります。
操縦訓練
パイロットスクールなどで、技術だけでなく航空界で活躍できる人材育成のための操縦訓練を実施しています。
航空撮影
上空からのハイビジョン撮影や、レーザー計測、ハイパースペクトラム画像計測等などを行ないます。撮影した画像は映画やドラマといったメディア、カーナビ用の三次元データの作成、また災害発生時の被災状況調査などにも利用されます。
チャーターフライト
陸地の移動にはない利便性から、空飛ぶタクシーとして利用されます。
物資輸送
災害復旧対策用資材や作業員の輸送など、道路がない場所へも送ることができます。
報道
大きな事件や事故、災害が発生するとただちに現場に急行して、上空から取材を行ないます。上空からの映像は、現場の状況を伝えるのに最適です。テレビ局が民間のヘリコプターをチャーターすることもあります。

一般企業の専用ヘリコプターの操縦士として

一般企業が移動用として専用のヘリコプターを保有しているケースがあり、そこでの専属操縦士として従事する道もあります。また、新聞社などのマスコミも取材用として専用ヘリコプターを保有しており、そこでも操縦士が必要となってきます。