ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

国内スクールと海外スクールの違い



ヘリコプターの免許を取得するためには、国内スクールだけでなく海外スクールを活用して取得するという方法があります。ここでは国内スクールと海外スクールについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

国内スクールのメリットとデメリット

国内スクールのメリットとデメリット

国内スクールを通じて国内のみで免許取得する場合のメリットとしては、海外スクール利用に必要なビザ等の留学手続きが必要ないことが挙げられます。また、語学など、その他のスキルに煩わされることがないのもメリットです。国内の場合は、仕事等で長期間休みを取りにくい人でも、週末などを活用して時間を調整しながら受講することが可能です。一方、デメリットとしては、海外スクールで取得するよりも受講費用と時間がかかることです。また、試験の難易度も、海外より高い傾向にあります。

期間と費用

個人の能力やスケジュールにもよりますが、座学を含め訓練期間は通常6ヵ月から1年程かかり、費用も400万~1,000万円程度が必要となります。

学習環境

講座や訓練は日本語で行なわれるため、外国語に不安を感じる人には良いでしょう。また、仕事をしている人の場合、長期間休みをとらなくても週末等を利用して受講することが可能です。

その他

海外よりも試験の難易度が高くなりますが、その分高度な知識や技量を身に付けることができます。またライセンス取得後に国内を飛行する場合は、訓練を通じてすでに日本の空事情に慣れているため再訓練をする時間が少なくて済みます。

海外スクールのメリットとデメリット

海外スクールを利用するには、自身で直接海外スクールに入学するケースもありますが、国内スクールを通じて、海外スクールを利用することも可能です。海外スクールを利用するメリットとしては、ライセンスを取得するのに必要となる受講費用、時間が国内スクールよりも少なくて済むことが挙げられます。一方で、訓練には一定の語学レベルが必要であり、渡航のため仕事などを長期間休まなければいけないといったデメリットもあります。

期間と費用

アメリカで取得する場合、訓練期間は2~5ヵ月間で、滞在費を含め300万~400万円程度の費用で取得することが可能です。

学習環境

海外で訓練する際には、指導も外国語で行なわれるため一定レベルの語学力が必要となります。一方でパイロットにとって語学スキルを身に付けることはメリットでもあり、学習できる良い機会ともなります。仕事をしている人にとっては、一定期間休暇を取ることがデメリットとなりますが、その期間は訓練のみに集中でき、同時に海外留学経験を楽しむことができます。

その他

海外で免許取得して帰国後に国内を飛行する場合は、日本の空事情に慣れるための再訓練が必要になります。また、国内資格への切り替えが必要となり、その際には別途国内学科試験や法規試験の合格が必要となります。