施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

パイロットスクールの種類と選び方



「パイロットスクール」とは、航空機の操縦士免許を取得するための専門スクールであり、車でいうところの「教習所」です。

パイロットになるために必要な資格

パイロットになるために必要な資格

車の免許と同様に、ヘリコプターをはじめとする航空機のパイロットになるためには「操縦士」の国家資格が必要です。そしてこの操縦士の資格を取得するためには、操縦訓練や航空力学などに関する座学を受けなければなりません。

ヘリコプターの操縦士免許について

ヘリコプターの操縦士免許には、企業が事業に利用する際に必要となる「事業用操縦士免許」と、個人の範囲内で楽しむための「自家用操縦士免許」、この2つの種類があります。それぞれ基本的な資格取得の流れなどは同じですが、事業用の場合は、自家用免許にプラスして日本事業用操縦士の学科試験・実地試験を受けなければなりません。

海外のパイロットスクール

操縦士免許は、海外でも取得することができます。世界各国にパイロットスクールはありますが、中でも日本人に人気が高いのが、アメリカのハワイやカリフォルニア、その他オーストラリアやカナダ、ニュージーランドなどのパイロットスクールです。

海外で取得した免許は、日本での免許に切り替えることができますが、法規の学科試験を追加で受験する必要があります。免許を取得し、日本での利用をメインにする予定であれば、初めから日本のパイロットスクールに通ったほうが良いでしょう。免許取得費用は、国によっても為替レートの変動によっても大きく変わってきますが、一般的に300万円から400万円程度となっています。

国内のパイロットスクール

国内で特に有名なのは長崎や八尾にあるパイロットスクールですが、その他にも多数あります。車の教習所と同様に、実技(操縦訓練)と座学での勉強を行ないます。パイロットスクールの場合、車の免許と違い、操縦訓練などにかかる時間が個人の資質やスクールの方針などによって変わってきます。それに伴ってスクールに支払う費用も変わってきますが、一般的な費用としては400万円からとなっています。

パイロットスクールをどう選ぶか?

パイロットスクールに支払う費用は大変高額なものであるため、選択は慎重に行ないたいものです。海外のパイロットスクールは安価なところもありますが、日本の免許に切り替えるための試験を受けることも考慮して決めましょう。複数のパイロットスクールに資料請求をして、実際に見積もりをとって比較検討することが重要となり、ライフスタイルや費用など、最も合っていると思うパイロットスクールを選択するようにしましょう。