ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

ヘリコプターの自家用操縦士免許とは



「自家用操縦士免許」とは、操縦士免許の種類のひとつで、主に自家用のヘリコプターなどを運航するために必要な免許です。この免許を取るためには、該当する国家試験を受ける他、操縦許可の申請をする必要があります。

事業用操縦士免許と、自家用操縦士免許の違いは

事業用操縦士免許と、自家用操縦士免許の違いは

共に国土交通省が管轄する、国家資格ですが、事業用操縦士免許は、企業活動(報道、救急、遊覧など)として航空機を使う場合に必要となる免許です。一方、自家用操縦士免許の場合は自家用ヘリコプターなどの運転のみの免許となります。自動車免許に例えると1種にあたります。

自家用操縦士免許を取るには

自家用操縦士の国家試験では、年2回実施される学科試験と、実技試験に合格する必要があります。各種エアスクールに通うなどして知識と習得し、飛行経験を積んで試験を受けるのが一般的です。各種パイロットスクールや受講内容によって差異はありますが、約6ヵ月~1年の目標期間を設けています。

訓練コースについて

エアラインパイロット用のコースや、官公庁のパイロットコース、ドクターヘリ用にメニューを組んだコースなど様々なニーズに合わせたコースが用意されています。

自家用操縦士免許取得の流れ

最初に、操縦練習許可書の申請を国土交通省に提出する必要があります。それと同時に航空身体検査が行なわれ、問題がなければ操縦練習が開始できます。通常はパイロットスクールなどに通い、練習と座学を受けることになります。これらを完了し、学科試験と航空無線試験を受けなければなりません。この2つの試験に合格すると、次は実地試験(口述試験・実技試験)に移ります。それに合格すれば、自家用操縦士の資格を手にすることができます。

操縦士になるための身体検査証明

操縦士免許を取るためには、資格勉強や実技以前に、まずは身体検査証明を取得しなければなりません。身体検査基準は国によって異なります。統一された規定はありませんが、安全に航空機を利用するためにも、ある程度以上の視力や健康的であることなどが必要不可欠です。

自家用操縦士免許の学科試験

学科試験では、航空工学などを中心とした試験科目が課されます。

  • 航空工学
  • 航空気象
  • 空中空法
  • 航空通信
  • 航空法規(国内・国際)

自家用操縦士免許の実技試験

実技試験では、知識や操縦の技術が問われます。

  • 運航知識、飛行前作業、離着陸、異常時及び緊急時の操作、航空交通管制機関等との連絡、総合能力など
  • 外部視認飛行や野外飛行