ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
ヘリポート[ヘリコプター]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ヘリポート情報

ヘリコプターの操縦士免許を取るには



ヘリコプターの操縦士免許を取るためには、何段階かの試験を受けることや、操縦許可の申請を提出する必要があります。

ヘリコプターの操縦免許について

ヘリコプターの操縦免許について

ヘリコプターの操縦士免許には、大きく「自家用操縦士免許」と「事業用操縦士免許」があります。また、ヘリコプターに搭載されているエンジンの違いなどでも取得する免許の資格が分かれるので、免許取得の目的によって選択します。

自家用操縦士免許の概要

国土交通省が管轄する、国家資格のひとつです。事業に利用するのではなく、報酬や対価をもらわずに、自家用のヘリコプターなどを無償で運航するために必要な資格です。

事業用操縦士免許の概要

こちらも同じく、国土交通省が管轄する、国家資格のひとつです。報道や遊覧など、企業が報酬を目的としてヘリコプターなどの航空機を利用する場合に必要な資格です。

ヘリコプターの操縦免許取得方法

ヘリコプターの操縦免許は国内でも海外でも取得できますが、海外で取得した免許を、日本で利用する場合は国内の免許に切り替える必要があります。

基本的な免許取得の流れ

ここでは、日本国内で「自家用免許」を取得する場合の流れを見ていきましょう。まず、操縦練習許可書の申請を提出します。このときに航空身体検査が行なわれ、大きな問題が見付からなければ操縦練習が開始されます。この練習時間は人にもよりますが、少ない人では約40時間程度、多い人の場合は約100時間程度かかります。操縦練習と同時進行で、座学の講義も約100時間程度行なわれます。

これらの練習や講義の受講が完了すると、学科試験と航空無線試験の受験となります。この2つの試験に合格すると、次は実地試験となります。実地試験で行なわれるのは、口述試験と実技試験です。それに合格して初めて操縦士の技能証明書を手にすることができます。

海外で取得する場合は、同じような流れで免許を取得したあと、日本で「法規」分野のみの学科試験を受験し、合格したうえで、日本の操縦士免許に切り替える必要があります。また、事業者用操縦士免許の場合は、自家用免許を取得したあと、日本事業用操縦士の学科試験、実地試験にも追加で合格しなければなりません。

免許取得の費用

操縦訓練専門学校によって訓練費用は様々ですが、「自家用」免許の場合、訓練に50時間、座学に100時間かかるとすると、トータルの費用は400万円以上かかります。海外での取得費用も、一般的に300万から400万円程度であることが多いです。訓練にかかる時間は人によって異なるため、訓練学校と直接話をして概算見積もりを出してもらうのが賢明です。