ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
ヘリポート[ヘリコプター]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ヘリポート情報

ヘリコプターのメーカー
ベル・エアクラフト



1935年にアメリカで設立されたベル・エアクラフト社は、戦闘機の設計と生産に特化したメーカーでしたが、第二次世界大戦中にヘリコプターの開発や生産を開始し、その後ベトナム戦争によって大きく業務を拡大させました。

会社の概要

会社の概要

1960年、ベル・エアクラフトはテキストロンに買収され、2013年現在、ヘリコプター部門がベル・ヘリコプター・テキストロンとして存続しています。創立者はローレンス・テール・ベルです。彼は別の航空機メーカーにマネージャーとして雇われていましたが、その後、独立しベル・エアクラフトを設立しました。彼の個人経営で成り立っていた会社でした。1956年、彼の死後、会社は存続危機に瀕しましたが、1941年にヘリコプターの設計生産に参入していたことで、後の1960年代ベトナム戦争でヘリコプターUH-1の大量採用につながり、その危機を脱し現在に至っています。

代表的なヘリコプター

旧称UH-1、別名ヒューイとも呼ばれるUH-1イロコイスは、ベトナム戦争で米軍から大量に採用され、様々な任務で活躍していた小型汎用ヘリコプターです。アメリカ軍初のターボシャフト動力のヘリコプターです。2人で操縦し、14人まで乗ることができます。すでに1955年から開発が始められアメリカ軍にも採用されていましたが、その当時は活躍の場がありませんでした。また、UH-1イロコイスのベースモデルである204を改良したモデル204BのUH-1Bという型は、1962年に日本の富士重工業がライセンスを得て陸上自衛隊向けに生産もしています。

軍用ヘリコプター

UH-1イロコイスの採用に始まり、その後もベル・エアクラフトはアメリカの陸軍、海兵隊、空軍、海軍により、それぞれ改良型ヘリコプターが採用されています。UH-1は、2013年現在までに非常に膨大な型の開発をしていますが、ベルモデル204シリーズ、204B、205、205B、212、450といった複数のベースモデルに基づきそれぞれ改良がされています。ベルモデル205Bは、205シリーズをベースにベル社と日本の富士重工業が共同で開発を行ない、205B-2モデルのUH-1Jが日本の陸上自衛隊で活躍しています。

ティルトローター機

ベル社が1940年代から開発を始めたティルトローター式の開発実験機には、XV-3、XV-15、そしてV-22(通称オスプレイ)があります。V-22は、JVXという新型機開発計画のもとに1985年にベル社とボーイング・バートル社が共同開発したものです。1994年には生産が認められ、2005年にはアメリカ軍に導入され始めました。ヘリコプターと固定翼機の利点を併せ持っており、垂直上昇ができ高速移動や長い距離を飛行することができます。その最高速度は時速約555kmを超えます。機体は、飛行形態によりローター(回転翼)の向きを変えられることが特徴です。