施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

消防防災ヘリコプターの装備



消防防災ヘリコプターには、災害時における救助活動や消火活動をするための様々な装備を搭載しています。ここでは、消防防災ヘリコプターの装備について説明します。

消防防災ヘリコプターの装備について

消防防災ヘリコプターの装備について

消防防災ヘリコプターには救助活動のための機材や情報収集、伝達システムを装備しています。装備の種類は主に、救助・救急ツール、消火ツール、通信機器に分けられます。

主な救助・救急ツール

消防防災ヘリコプターからの救助の際に、着陸が難しい場所では、救助者をケーブルで機内に吊り上げて収容を行ないます。ケーブルの引き上げ時に使用するのが「ホイスト装置」で、先端にフックが付いたウインチの一種です。ヘリコプターの扉の外側上部に設置されており、機種によって取り付け箇所が左右異なります。

ホイスト吊り上げの際に必要なのが、救助用資機材の「サバイバースリング」です。救助者の両脇の下に輪状のスリングを通しベルトで固定して吊り上げます。主に救助者に意識がある場合に使用されます。その他、代表的なものに、救助用担架「バーティカルストレッチャー」なども消防防災ヘリコプターに装備されています。

主な消火ツール

消防防災ヘリコプターに搭載される消火装備には、消火タンクと消火バケットの2種類があります。

「消火タンク」は通常取り外されており、消火活動の際に取り付けます。空中から一気に水を放出するため、中型機用でも900リットル、大型機用では2,700リットルもの水を蓄えることができます。

「消火バケット」とは、スピーディに散水するための消火用バケツのことです。折りたたみ式なので、コンパクトに収納できるのが特徴です。正確に放水するための放水弁が搭載されたものや、自動的に消化剤を注入できるものもあります。消防防災ヘリコプターでは、600~1,500リットルのモデルを採用することが多いです。

主な通信機器

地上通信が遮断された場合に、最低限の連絡手段を確保するため「衛星携帯電話」を装備しています。現在では、非常時の通信手段として欠かせないツールになっています。

また、災害時の情報収集に欠かせないのが「ヘリコプター搭載カメラ」です。カメラには多くの種類があり、夜の災害時に肉眼では確認できない対象物を撮影することができる赤外線カメラや、目標箇所の位置情報を入力すれば自動追尾撮影ができるカメラなどもあります。カメラで撮影した映像は、機内に搭載された伝送装置と、機体下部に設置されたアンテナを通して、地上の受信基地にリアルタイムで電送されます。