ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

消防防災ヘリコプターとは



消防防災ヘリコプターは消防活動、救助活動を目的として使用されているヘリコプターのことです。ここでは消防防災ヘリコプターの概要や所有者、配備先、基本的な任務について説明します。

消防防災ヘリコプターの概要

消防防災ヘリコプターの概要

火災は私たちが暮らす上で最も身近にある災害のひとつです。火災は人災によるもの、事故によるもの、自然災害によるものと様々な要因によって発生しますが、火災が起きれば消化活動に当たる必要があります。その消火活動は、消防車による地上からの消火と消防防災ヘリコプターによる空中からの消火の2つに分けられます。地上からの消火活動がメインとなりますが、山火事や高層ビル火災などで地上からの消火活動が困難な場合に、消防防災ヘリコプターが活躍します。

消防防災ヘリコプターの所有について

消防防災ヘリコプターの所有は総務省消防庁となります。総務省消防庁は、火災時における消火や救助、救急以外にも火災予防の対策を講じることが責務となります。

消防防災ヘリコプターが配備される各隊について

消防防災ヘリコプターは以下の各隊に配備されています。

市消防航空隊
消防組織法では消防責任を市町村が負うことと定めています。そのため、一部の政令指定都市では消火活動や負傷者を搬送するための消防防災ヘリコプターを保有し運用しています。これらを行なっている団体が市消防航空隊です。
防災航空隊
市消防航空隊を設置し、ヘリコプターの運用や維持することは小さな市町村にとって経済的な負担が大きくなります。そこで、財政面で余裕の持てない市町村は、総務省の補助制度を活用し、都道府県が市町村に代わり消防防災ヘリコプターを保有、都道府県防災航空隊の設置を行なっています。
緊急消防援助隊
総務省消防庁が主体となり、大規模な災害が発生した場合における緊急消防援助隊の配備に積極的に取り組んでいます。具体的な取り組みとしては、24時間運航ができる都市に対しては消防防災ヘリコプター1機を配備するなどの対応を行なっています。

消防防災ヘリコプターの活用シーン

消防防災ヘリコプターは以下の任務を行なっています。

救急分野について
救急分野における任務は急患搬送とドクターヘリ的な運航の2つが挙げられます。急患搬送は脳死移植臓器の搬送もしており、消防防災ヘリコプターによる迅速な機動力が活かされています。
救助分野について
救助分野における任務は山岳救助、水難救助、火災救助の3つが主に挙げられます。山岳や、水難救助は遭難者の捜索や救出を手掛けます。また、火災救助では高層ビルに取り残された被災者の救出などが挙げられます。
空中消火分野について
消防防災ヘリコプターの空中消火は主に山火事の消火活動に実施されることが多くありますが、最近では高層ビル火災の消火活動でも活躍しています。
情報収集分野について
火災における災害規模の把握や、大規模災害時における被災状況の情報を収集します。