施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

報道のためのヘリコプター



私たちが普段テレビで観ている報道番組のニュースは、報道局のスタッフが取材をして送り届けているものです。報道番組では、視聴者にニュースをいち早く届けるため、取材にヘリコプターを使うことがあります。ここでは、報道用のヘリコプターの紹介をします。

ヘリコプターが取材に使われる理由

ヘリコプターが取材に使われる理由

ヘリコプターはテレビ局や新聞社などの報道機関の取材に用いられます。よりリアルな情報を届けるためにヘリコプターでの取材を行なう報道機関が多いです。なぜヘリコプターが取材に適しているのでしょうか。

報道目的で利用されるヘリコプター

ヘリコプターは航空機の中でも小さく、多くの人数が搭乗できる訳ではありませんが、ヘリコプターならではのメリットがたくさんあります。報道取材では、災害状況の視察や交通渋滞の中継、観光地の風景を撮影する際などに利用されます。

ヘリコプターによる臨場感あふれる報道が可能に

1953年に放送を開始した日本のテレビ局でも、当初から報道取材にはヘリコプターを使うことがありました。昔はフィルムに撮影したものを報道に使うという方法でしたが、1975年に入ってからはヘリコプターからのテレビ生中継が行なわれるようになりました。今では当たり前になっている生中継も、当時は報道のスタイルとしては画期的なものでした。ヘリコプターで報道取材を行なうメリットには以下の点が挙げられます。

  • 取材現場に素早く到着することができる
  • 危険な現場でも空中から取材することができる
  • 空から見た臨場感あふれる映像が視聴者に届けられる
  • リアルな情報を視聴者に届けられる

報道のためのヘリコプターは誰が操縦しているのか

ヘリコプターによる報道取材は、報道機関のスタッフが行なっていますが、ヘリコプターの管理や操縦はどの機関が行なっているのでしょうか。

報道取材専用機の導入も

ヘリコプターは、ヘリコプター運用会社が販売したりチャーターしたりしています。日本のテレビ局は、取材でヘリコプターが必要な際にそのつどチャーターして利用していました。しかし徐々に自社の報道取材専用機を所有するテレビ局が増え、現在では多くのテレビ局や大手新聞社が自社ヘリコプターを所有しています。専用機を所有しているといってもテレビ局でスタンバイさせているのではなく、専用機をアウトソーシングで利用する方法が一般です。報道、航空機のプロフェッショナルと組むことで、迅速かつ正確な情報を撮影することが可能になりました。