ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

農林水産用途のヘリコプター



ヘリコプターは、人や貨物を輸送するだけの航空機ではなく、様々な分野の事業で利用されています。特に農林水産業の分野においては、事業にかかるコストを抑えることや、作業の効率化に貢献しています。

農林水産用途のヘリコプターの様々な活躍

農林水産用途のヘリコプターの様々な活躍

産業用のヘリコプターは、ヘリコプターの特性を生かして作業を効率良く行なうために用いられています。

農作業を助けているヘリコプター

産業用のヘリコプターは農林水産業の中でも農業に多く利用されています。農作業は肉体的な負担が大きい上に、年々農業従事者の高齢化や農業離れが進んでいるため、農作業の効率を上げる対策が求められています。そこで、農業にヘリコプターを導入することによって農業分野の問題を緩和させる効果が期待されています。

有人ヘリと無人ヘリ

農業分野でのヘリコプターの用途のひとつに、農薬の散布があります。従来、農作業の中でも広範囲に農薬を散布する作業は、大変労力が必要な作業でした。ですが、空中から農薬を撒く方法であれば、広範囲でも効率良く散布することができます。例えば稲や、大豆、麦など広範囲にわたる田畑や、松林のマツクイムシ駆除などで活用されています。

また、有人ヘリコプターによる農薬散布の人体や環境に及ぼす影響が問題になり、産業用無人ヘリコプターが使われることが多くなっています。産業用無人ヘリコプターは、オペレーターが地上から操縦して飛行させるタイプのものです。産業用無人ヘリコプターにはいくつかのメリットがあります。

  • 遠隔操作により操縦者の安全が確保できる
  • 効率良く短時間で作業ができる
  • 周囲への農薬の飛散を抑えられる
  • 天候に関係なく作業が行なえる

産業用無人ヘリコプターが販売されるようになってから、購入数やオペレーターの数は年々増えています。ただしオペレーターは無人ヘリを操縦するにあたって、農林水産航空協会が指定する教習施設で教育を受け、技能認定証を取得する必要があります。また、産業用無人ヘリコプターは畑への肥料の散布や種蒔き、野鼠の駆除にも利用されています。

林業や水産業とヘリコプター

林業においてもヘリコプターは活躍しています。例えば、山間部で伐採した木材を運搬する作業は従来トラックなどで行なわれてきました。しかし急な斜面を移動するのは困難を伴い時間がかかります。ヘリコプターで空中から輸送すればその負担も大きく緩和されます。また、環境保全のための緑化対策として植林を行なう作業にも利用されます。漁業では魚群探知用のヘリコプターを駆使して、効率よく漁獲することで水揚げ量アップに貢献しています。