施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

人員輸送のためのヘリコプター



小回りが利き、時間的にも融通の効くヘリコプターは、人員輸送で多くの需要があります。ヘリコプターは、自衛隊も多く保有し、大規模な自然災害の際にはその特性を発揮します。今回は人員輸送のためのヘリコプターについて紹介します。

ヘリコプターが活用される理由

ヘリコプターが活用される理由

ヘリコプターは、飛行機に比べ飛行規定が厳しくないことや、離着陸にも飛行機程スペースを必要としないことが魅力です。また、ヘリコプターは2年程訓練を受けることで操縦資格が取れるため、一般の人が趣味で資格を取ることもあります。ここでは、ヘリコプターによる人員輸送の目的を紹介します。

会社の重役による利用

国内にいくつもの支社・支店・営業所などの拠点を持つような会社の重役が移動する場合、全国の拠点を回るのは非常に困難です。車で移動するにしても、長時間かかりますし、飛行機を利用するにしでも飛行場までのアクセスは、やはり車やタクシーになります。ヘリコプターなら着陸スペースがあれば目的地から次の目的地へと直接移動できるため時間が短縮でき、非常にスマートです。また、取引先のVIPを招待する場合などにも利用されています。

災害救助のための輸送

大規模な自然災害のときは、交通網も破壊され移動手段を絶たれてしまいます。その際は、防災ヘリコプターであれば、災害による被害の状況をいち早く掴み、救助隊を派遣することができます。また、医師や看護師などを乗せるだけでなく、自衛隊による救助活動の移動手段としても利用されることがあります。陸の移動手段が絶たれた場合に、移動したい時間に、移動したい方向へ即座に対応できる点でも、ヘリコプターは便利です。

医療の緊急輸送

医療現場でも、ヘリコプターは活躍しています。山などの交通が不便な場所で容態が急に悪くなり、緊急手術や緊急の処置が必要な状況で、一刻を争う状態に陥った場合、救急車などでは手遅れになってしまうことがあります。そのような場合に現場にいち早く駆け着け、医師や看護師の同乗による看護のもと、移動すべき場所へ患者を迅速に輸送します。日本では2001年からドクターヘリを本格的に導入し各都道府県に配備しています。

スカイダイビングなどの移動手段

スカイダイビングをする際に、上空に上がる方法として、ヘリコプターを使用することがあります。ヘリコプターは、垂直に上昇することができるため、目的高度に素早く移動することができます。効率よく移動でき、安全であるためにヘリコプターは重宝されています。