ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート[ヘリコプター]リサーチ

ヘリポート情報

奈良県ヘリポートの特徴



奈良県奈良市に、緊急用、消火用、公共用の「奈良県ヘリポート」があります。ここでは、様々な用途で利用され、空から市民の安全を守る奈良県のヘリポートについて紹介します。

奈良県ヘリポートの概要

奈良県ヘリポートの概要

奈良県ヘリポートは、1998年12月に開港しました。近鉄奈良駅から東へ9km、標高453.5mの山あいに位置しています。総面積9.5ヘクタールのヘリポート内には、奈良県警察航空隊及び奈良県防災航空隊のヘリコプターが常駐しています。

このヘリポートは、「警察活動」「救急・救助活動」「消火活動」の拠点として利用されています。奈良県には空港が存在しないため、緊急時の空路の確保は大きな課題でしたが、奈良県ヘリポートのおかげで、緊急時における県民生活の利便性は格段に向上しました。

奈良県ヘリポートは、市民が安全に暮らせるように、また、産業支援による経済活性化に貢献するように、運用されています。今後もヘリコプターの利便性が、よりいっそう地域の活性化へとつながることが期待されています。

奈良県ヘリポートは救助にも役立っている

全国にはヘリポートを設置している県が多く存在しますが、その中でも奈良県はヘリポートを上手に活用している地域と言えるでしょう。ヘリポートを持つメリットとして、道路が混んでいる場合に空路を使用すれば渋滞などを回避でき、緊急の際に素早く対応できる点です。警察、消防、レスキューの機能を備える奈良県へリポートは、そのような緊急事態にもしっかり応えています。なお、夜間に災害などが発生した場合にも対応できるよう、飛行場灯台や夜間照明施設も備えています。

ヘリポートは一般利用も可能

奈良県へリポートは公共用のヘリポートなので、民間の方も利用することができます。交通手段としての利用をはじめ、レジャーなどにも使われ、格納庫も利用できます。いずれにしても、利用には細かな条件をクリアしなければならないので、管理事務所に電話で確認することをオススメします。

奈良県ヘリポートの使用料について

ヘリポートの使用料については、ヘリコプターの最大重量によって変化します。

最大重量が1トン以下の場合は着陸1回につき1,500円、最大重量が1トン以上6トン以下の場合は3,000円となり、最大重量6トン以上の場合は1トンを超えるごとに1,000円を加算した料金になります。

なお、奈良県ヘリポートからのアクセスは、ヘリコプターを利用した場合、通常運航で大阪まで20分以下、関西国際空港までは30分程で到着できます。