ご希望のヘリポート(ヘリコプター)情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトヘリポート(ヘリコプター)リサーチ

ヘリポート情報

高崎ヘリポートの特徴



高崎ヘリポートは群馬県高崎市に設置されている公共用ヘリポートです。他のエリアのヘリポートと比べて大きな違いはありませんが、使用手続き、料金等が異なっています。ここでは高崎ヘリポートについて説明します。

高崎ヘリポートの概要

高崎ヘリポートの概要

高崎ヘリポートは1968年7月10日に開港された歴史ある公共用ヘリポートです。碓氷川と烏川が合流する付近の河川敷にあり、高崎市街地からも近い場所にあります。敷地面積は1ヘクタールあり、運営時間は日の出から日没までとなります。この運営時間以外の使用はできません。

格納庫等の機体保管の設備はありません。理由としては、約6km離れたところに設備の充実した群馬ヘリポートがあることもあり、常駐機がないためです。主に、防災、緊急医療搬送などに使用されています。

高崎ヘリポートの使用手続きについて

高崎ヘリポートを使用する際は、事前に使用の連絡と使用届の提出が必要になります。ヘリポ-ト使用届はインターネットからダウンロードできます。ただし、使用届を事前に提出できないときは、必ず電話またはFAXで運営者に連絡を入れなければなりません。使用届を提出できなかった場合は、着陸してからすみやかに持参するか郵送する必要があります。

使用届は誰が提出しても良い訳ではなく、機体所有者が提出する必要があります。必須事項を記入して押印(法人印、代表者印)し、記入漏れがないように確認してから提出しましょう。 和田橋交通公園内の高崎ヘリポ-ト管理事務所にて、使用届の提出と使用料の支払いを行ないます。

高崎ヘリポートの使用料金について

高崎ヘリポートの使用料金はヘリコプターの最大重量によって異なります。最大重量が6トン以下のヘリコプターは着陸1回につき1,000円、最大重量が6トン以上7トン以下の場合は1,290円となり、以降1トン増えるごとに590円を加算した料金が必要になります。

また、停留料 (6時間以上停留する場合)は、最大重量が3トン以下のヘリコプターでは、停留時間24時間ごとに810円、最大重量が3トン以上6トン以下の場合は1,620円となり、以降1トン増えるごとに30円を加算した料金が必要です。