ご希望のヘリポート[ヘリコプター]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
ヘリポート[ヘリコプター]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ヘリポート情報

ヘリポートとは



ヘリポートとは法律で定められている飛行場のうち、ヘリコプターが離着陸できる場所のことを指します。ヘリポートは、全国各地に設置されていますが、どのような理由や背景から設置されているのかをご紹介します。

ヘリポートの設置目的

ヘリポートの設置目的

ヘリポートを設置するためには、航空法や建築基準法で定められた基準を満たす必要があります。では、設置されたヘリポートは、具体的にどのようなシーンで利用されているのでしょうか。

撮影や移動手段に利用される一般的なヘリポート

一般的なヘリポートでは、移動手段やテレビ撮影などで利用するヘリコプターが発着します。利用許可を取るのが難しいと思われがちなヘリポートですが、一般開放されている場所も多くあります。ヘリコプターでの移動は交通状況に左右されず、最短距離での移動が可能となっているため、企業の役員やVIPが移動する際や、プライベートでの利用など様々で、主に商業目的として設置されています。首都圏ではディズニーシーのすぐ近くにある「浦安ヘリポート」や、六本木のアーク森ビル屋上にある「アークヒルズヘリポート」などが有名です。

病院で利用されるヘリポート

病院では重篤患者の搬送や緊急患者の受け入れなどの目的から、へリポートの設置が進んでいます。病院のヘリポートは患者の急変などに対応するため、照明や誘導灯が設置され、夜間でも利用可能な場合が多いです。ヘリポートの設置に関しては、病院の判断に任されており、必要がなければ設置する義務はありません。しかし近年では、行政による設置推進が強化されており、本格的な普及が進むと考えられています。

緊急時に利用されるヘリポート

緊急時に利用されるヘリポートは、事故や災害時の消火活動や人命救助などを目的として設置されます。救助ヘリポート設置場所の多くは、普段の生活ではなかなか見ることができない山岳地帯や海洋地帯、その他の事故や災害の発生しやすい場所などに設置されています。救助ヘリポート設置の背景には、医療現場からの強い要望が挙げられます。山岳地帯や海洋地帯などで災害に遭った人を救命するには、災害や事故の発生から、適切な処置を行なうことができる施設へどれだけ迅速に移送できるかが重要になります。すぐに処置を施せば回復が見込める要救護者も多いことから、救助ヘリポート設置の重要性が認知されています。